声優オーディション初心者がやっておきたいこと6選!

Sponsored Link

声優オーディションのがもうすぐだけど初めてだからどうしていいかわからない。。。

そんなときには何を準備しておけばいいのでしょうか?

今回は声優オーディションの際に初心者がやっておきたいことをご紹介させていただきたいと思います○

声優オーディション初心者がやっておきたいこと6選

緊張してても大きな声が出るようにする

Sponsored Link

緊張して声が小さくなってしまうという人は印象が悪くなることが非常に多く

大声出さなきゃと思ってもなかなか出ないか大きな声が出すぎてしまうということが多いです(*’ω’*)

なので相手にしっかり届いて聞き心地がいい大きな声を出す練習をしておきましょう○

挨拶

挨拶の順番というものがあり

「名前 よろしくお願いします!」の順番でいうのがベストです。

また「○○から来ました 名前 よろしくお願いいたします!」

という順番で行うと、審査員の人と実は同郷?!ということがわかりそこで話が盛り上がったりもしますよ○

ファッションチェック

めちゃくちゃ大切です。

現在だと事務所によっては声や演技よりも大事といってもいいかもしれないですね!

髪形、ファッション、靴などなどこれに関しては本当に気を使ってください

少しでも汚れていたり、ダサいと思われれば落ちると考えていたほうがいいです

これがあってそのあとに演技がオーディションで選ばれる基準になりやすいです。

人の目を見て話す。「眼力」

アイコンタクトという言葉がありますね?

口でしゃべるのも重要ですが実は目力はそれ以上に効果を発揮することがあります。

睨めつけるということではなく、相手をしっかり見る、

相手に伝える力がある、相手を引き込む視線、眼力というやつでしょうか??

その力を得ているのと得ていないのではかなりアピールできるかの違いが違います。

自己PRをできるようにしておく

声優になるというのは自分を売るということ。

オーディション会場は自分という商品をいかにクライアントさんが気に入って

「気に入ったよ、それいただこうか?」

とひげっつらのおじさんがいうような感覚を想像していただけるとわかりますかね??w

そんな感じなんです(本当に)

なので自分をしっかり売り込むということをしないと全く意味ありません○

ここでは「声優になりたいんです!」という気持ちの表現より

「わたくしこんなできて、こんなものができるのですが、

御社にとってこういうメリットがあるかと思われますのでいかがでしょうか?」

という感じで売り込むのが相手にもわかりやすいし、自分にもメリットがあるものになります。

演技の練習

やっぱり声優なら演技!ということで演技の練習は必要ですね!

今だとアニメを見るだけでも演技力が上がったり、その真似をしただけで演技上手い人などもいますね!

ですがキャラクターというのはすごくたくさんあるので自分が好きなキャラクターの練習をしておくのが

とりあえずベストです(/・ω・)/

 

まとめ

今回は声優オーディションに初心者が行く場合の準備についてご紹介させていただきました(/・ω・)/

オーディションというと緊張してしまいますが、審査する側は自然のあなたを見たいと思っていますので

作っているあなたは見たくないと、

むしろ見た瞬間に「いいや」となってしまうこともあります。

何しろ相手は何十人とみているので飽きてしまうんですね、なので作っているよりは

見ている人たちを楽しませる、興味をひかせるということを意識しておけば自然と結果はついてきます○

Sponsored Link

本気で声優を目指す人向け【最新声優学校情報】

声優になりたいけど無駄なお金と時間は使いたくないし、安全な学校か不安。。
実は今売れているあの人が声優になれたのは学校選びで成功したからです。溢れる情報の中から正しい学校を選んで、本気で声優を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください