アルテの声優キャラまとめ一覧!

Sponsored Link

もちょ
今回は2020年春アニメで放映されるアルテの声優やキャラクターについてまとめてみました(*‘∀‘)

 

アルテの声優まとめ一覧

レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロ、ラファエロなどのミュータントタートルズの元となったことでも有名な、
イタリアのルネサンス文化の巨匠たちが活躍する16世紀の芸術家になりたい貧乏貴族生まれの少女アルテが「自分自身で生きる道筋をみつける」物語です。

分の絵を認めてくれたただ一人の師匠のレオの工房に入り「女の画家見習い」であるということで色々と周りからバッシングがあったりなどもありますが、それでも元気に成長していく過程が描かれています。

公式ページを見ると後援にイタリア大使館もついてくれているのでルネサンス時代の歴史もしっかり学べるのかもしれません(*’▽’)

 

アルテ 声優:小松未可子

主人公のアルテ。見た目でもわかるように明るく元気で負けん気が強い頑張り屋の性格。

昔から絵が好きでしたが、貴族に生まれたからには将来は好きでもない有力貴族に嫁ぐだけの人生を捨てる決意をして、画家の仕事ができるアトリエを17ヶ所回りますが「女だから」という理由で全て落とされてしまい、街中でおしとやかな印象を与える長い髪の毛をナイフで切り落としてショートカットになり女を捨てる宣言をします。

師匠のレオはそんな髪の毛バッサリ事件の現場に居合わせたことで、アルテを押し付けられてしまいます。

涙脆いことがありますが、涙を我慢する顔が怖い。

声優は小松未可子さんですね!

 

レオ 声優:小西克幸

Sponsored Link

アルテに絵を教えてくれる師匠。元物乞い出身で、アルテとは反対にあまり感情を表に出しません。
はじめはアルテのことを貴族娘の道楽で絵を学んでいると思っていて「ただ好きだなんて理由で職人になろうとしてくるのが気にくわねぇ」と理由で無理難題を押し付けます。

しかし実は自分が画家になった理由と似ていることから、正式に弟子として認めます。

声優は小西克幸さんですね!

 

アンジェロ 声優:榎木淳也

ダニロ工房に弟子入りしているアンジェロ・パーカー。姉妹の多い家庭に育ったので、女性に警戒されずナチュラルに親切にできる(モテるタイプ)
しかしアルテは性格が少年のようなので、アンジェロの優しさに拒否反応を示します。

声優は榎木淳弥さんですね!

 

ヴェロニカ 声優:大原さやか

レオに絵を依頼している高級娼婦のヴェロニカ。
アルテの友達になり、相談に乗ってくれる人物です。

声優は大原さやかさんですね!

 

ダーチャ 声優:安野希世乃

結婚式のお金を自分で稼ぐために働いている少女。
読み書きができなかったですが、アルテがヴェロニカの本を使い読み書きを教えてあげます。

声優は安野希世乃さんですね!

 

ウベルティーノ 声優:秋元羊介

師匠のレオと腐れ縁のウベルティーノ。無理な注文を色々と言ってくる老商人。
声優は秋元羊介さんです!

 

ユーリ 声優:鳥海浩輔

ヴェネツィアの名門貴族ファリエル家当主の弟。
アルテを見て面白そうという理由から姪のカタリーナの家庭教師とカタリーナの母のソフィアの肖像画を書く画家として雇います。
(カタリーナとは不倫関係)

声優は鳥海浩輔さんですね!

 

カタリーナ 声優:M・A・O

ユーリの姪で名門貴族フェリエル家の長女。料理を作るのが好きで、アルテに家庭教師をしてもらっている。
声優はあM・A・Oさんですね!

 

ソフィア 声優:田中理恵

カタリーナの母親で、ユーリの兄マルタの妻。

声優は田中理恵さんですね!

 

ダフネ 声優:戸松遥

ファリエル家の使用人。アルテのカタリーナへの接し方が今までの家庭教師と違うことで興味をもち、協力してくれるようになります。

声優は戸松遥さんですね!

 

まとめ

ということで今回はアルテの声優さんとキャラクターについてまとめさせていただきました(*’▽’)

目標のために頑張っている人を見るだけで自分も影響されてしまう(/・ω・)/そんなあなたにおススメの作品です!(アテシはすぐ洗脳されます。)

Sponsored Link

本気で声優を目指す人向け【最新声優学校情報】

声優になりたいけど無駄なお金と時間は使いたくないし、安全な学校か不安。。
実は今売れているあの人が声優になれたのは学校選びで成功したからです。溢れる情報の中から正しい学校を選んで、本気で声優を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください