梅原裕一郎の病気【急性散在性脳脊髄炎】の症状や復帰めどはどれくらい?

Sponsored Link

最近声優さんが病気で休養を取られることが多いですが、

今度はイケメン声優界の帝王(だと勝手に思っている)梅原裕一郎さんが急性散在性脳脊髄炎という病気にかかり

療養休業ということ。

今回はこの急性散在性脳脊髄炎がどんな病気や、症状、復帰のめどなどについて考えてみました。。

 

梅原裕一郎とは?

あ

 

梅原裕一郎の画像

梅原 裕一郎(うめはら ゆういちろう)
愛称:梅ちゃん、裕ちゃん、梅原、梅、うめめ、ちゃんうめ、ももちゃん[1]、梅爺
出生地:静岡県
生年月日:1991年3月8日(27歳)
血液型:O型
身長:173 cm
事務所:アーツビジョン

最近体調を崩される声優さんが多いですね。

今回は梅ちゃんこと梅原裕一郎さんはイケボとイケメンがどちらもそろった今絶頂のイケメン度合いNO.1の男性声優。

しかし人気になると健康維持が非常に難しく大抵は外舷がぽちゃぽちゃしてきたリなんかすることでも有名(ぽちゃったら売れてる証拠と言われる世界)

 

健康維持も役者の仕事とよく言ったものですが、その多忙さ故、どうしても不健康になりがちなんですよね。

では今回梅原さんがかかった急性散在性脳脊髄炎とはどんな病気なのでしょうか?

 

急性散在性脳脊髄炎(アデム)ってどんな病気

Sponsored Link

今回梅原さんがかかったといわれる「急性散在性脳脊髄炎」とは

脳から脊髄までのウイルスに対するアレルギー反応らしい です。

基本的にはワクチンを注射した際

  • 狂犬病(きょうけんびょう)
  • インフルエンザ
  • ポリオ
  • 破傷風(はしょうふう)

の予防接種を受けた後や、

  • はしか
  • 水ぼうそう
  • 風疹(ふうしん)
  • おたふくかぜ
  • 伝染性単核症(でんせんせいたんかくしょう)

などにかかった後に数日~4週間後までに発症するらしく

大抵は2週間以内に発症するみたいです。

症状

初期症状として頭痛、悪心、嘔吐、項部硬直、発熱などが見られます。

(不明熱と言われるのはこのため)

ウイルスやワクチンを際に感染するアレルギー性の脳脊髄炎

  • 意識障害
  • 痙攣
  • 片麻痺
  • 失語
  • 脳神経麻痺

脳と脊髄ということで感覚神経全般にかかわるので仕事どころか生活に支障をきたすものですね。

 

復帰してほしい。。治療方法や回復はするの?

回復はして再発は基本的にないみたいです。

発見が遅れたり、発見した後の薬の投与量が足りていない場合はウイルスが体に残ってしまい、

再発したり、最悪は死亡してしまうということ。

 

発見された瞬間に絶対安静が必須らしいので、数週間は安静にしていないとダメみたいですね。

 

まとめとわかっておかなければいけないこと

今回は梅原さんが感染した病気に関してまとめてみました。

しかし忘れてはいけないのが、ワクチン投与などのタイミングで感染するかの聖があるので、

急性散在性脳脊髄炎は誰にでも起こりうる病気ということです。

 

もしワクチンを打った後に体調が悪くなったり、原因がわからない熱やめまいが出た場合は

他の病気の可能性もあるのですぐに病院へ行きましょう。

梅ちゃん早く回復してくれ。。マジで。

Sponsored Link

本気で声優を目指す人向け【最新声優学校情報】

声優になりたいけど無駄なお金と時間は使いたくないし、安全な学校か不安。。
実は今売れているあの人が声優になれたのは学校選びで成功したからです。溢れる情報の中から正しい学校を選んで、本気で声優を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください